SADA
1年間の留学生活。このブログでは中国にいる間の生活を綴ってゆきたいと思います。
  • 2017/06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017/08

便座カバーを発明した人

2008年04月16日 (水) 23:47 |
に言いたい。ありがとう、と。
世紀の大発明かもしれない。

真冬の、お尻と便座が触れて、ヒヤッ。を取り除いてくれてありがとう。
めっちゃ快適ですよ、むしろ幸せと言ってもいい。あなたが来てからというもの。
今や便座カバーと足元のマットとペーパーフォルダーのセットなんてのもあるんじゃないのか。おしゃれだ。好看だもん。

いやそもそも、便座カバーができたのも、便座が存在するから。
座るタイプのトイレがつくられたから。

トイレってもとはといえば1番最初はどんな形のものなのか。
世界単位でみちゃうと、よく分からないけど、日本って腰かがめるタイプでしょ。
和式でしょ。洋式タイプのトイレってどこの国から出てきた考え?

もし海外から輸入された文化だったとしたら、
日本が鎖国を続けて、海外との交流を全く断ち切ってしまっていたら
もしかしたら、今私は便座カバーに感謝していなかったかもしれない。

洋式トイレ。これはすごいね。(個人的には和式派なんですけどね。)
座った姿勢でやっちゃおうっていうアイディア。
本当快適です。お年寄りにも優しいしね。
まずよくドーナツ型にしたよね。まぁ、至って当たり前の結果ですが。
あったまいいよ。

今でこそ、便器、便座、便器のフタ っていう3段構想ですが、
初期段階の便器ってどんなのよ。
あー知りたい。さすがにフタってなかったでしょ。
私の予想では、便器とドーナツ型の部分が今みたいにカパカパできない型。
つながっちゃってるの。こりゃ掃除しにくよ。あくまで予想ですが。

そんなんネットでも調べたらわかるでしょ、って言われそうだし、
実際自分でもそう思ったんだけど、こうやって、ウーンて予想するのもいい。
今って時代はちょっとネットで調べたら何でもわかっちゃうから、
それに頼り切って、いつしか自分で予想したり考えたりする力が衰えちゃったりして。
なんて、便器のこと考えてたはずなのに、こんな問題に発展しちゃったよ。何事も突き詰めると、わからんもんだな。

とにかく、洋式トイレはすごいのよ。さっきふと思ったのよ。

そして洋式トイレはどんどん進化する。
いつだったか、感動した。普段硬く冷たい便座が、既に暖かい。電気であったかくしてんの。
これ、「あーあったかーい」くらいで使用してる人がいると思いますけど、
何ちゅーアイディアだよ!目から鱗だ。天才だ。

でもやっぱり、便座カバー。
電気のあったかさより、あの布の優しさが好き。


はぁ。
明日、精読のテストなのに、頭は便座カバーで一杯だ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.