SADA
1年間の留学生活。このブログでは中国にいる間の生活を綴ってゆきたいと思います。
  • 2017/03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/05

実は金ボラれてたと思います。

2008年04月12日 (土) 16:34 |
そういえば、洛陽で登った山に象がいたんだった。




最終日は牡丹公園と小吃街をプラプラ。
洛陽は牡丹がとても有名で、4月・5月がまさに開花シーズンらしく
さっそく行ってみました。









全然咲いてない。


「全然咲いてないじゃん」と文句を言ってみると
「4月中旬かな、咲き始めるのは」(※本日 4月6日)だって。
来た意味ないな。

悲しむのはまだ早かったよ。敷地の端っこ、10分の一くらいのスペースに
咲いているではないか。

よかったー危うく、20元も出して、草だけ見て帰るとこだったよ。目に優しいよ。

次に小吃街へ。
いろんなご飯屋があって、下町って感じの独特の空気がありました。


「何食べる?」
「これとこれ」って指さす。
それを、5つくらいに仕切りがあるプレートに入れてもらう。
好きなものだけ選べる給食みたいだ。


具を後ろに映ってるパンに挟んで食べます。
香辛料がきいてておいしかった。


パンみたいな、焼き菓子みたいな。

お店に席がないところは外で食べる。
こんな感じで。


この辺は賑わってました。
ただならぬ行列ができていた餃子屋さんの餃子を食べてみたかったけど、
そのものすごい行列の最後に並ぶのがためらわれて、結局断念。
1時間後も、その行列は短くなることなく、人を吸収し続けていました。

そんなこんなで、飛行機乗って、上海へ。
無事一人旅終了。

今回の旅は、普通の旅行と全然違った。
とりあえず、頼れるのは自分だけで、全く知らない土地で、何やかんやきつかった。

だから普段、何気なしに友達に頼れることの幸せを感じた。

あと、行動力について考えた。というか
いかに行動を起こすことが状況を変化させるか、身をもって実感できた。
窮地に追いやられても、とりあえず、目の前に転がってる答え意外の回答を考えてみる。
「こんなこと、漫画じゃあるまいし、できるわけないか」
みたいなことでも、やってみたら、結構実現したりして。

些細なことでも、やってみるか、みないかって、天と地ほども差がある大きな分かれ道のように感じた。

小さな行動が大きな結果を生み出したり、逆に逆効果だったり。
どっちにしろ、ある行動を起こすまでの思考錯誤が今の自分を成長させてるのかなって思えた。
収穫の多い旅でした。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.