SADA
1年間の留学生活。このブログでは中国にいる間の生活を綴ってゆきたいと思います。

両親 初海外、初中国

2008年04月29日 (火) 16:13 |
報告があります。虫の羽の出所がわかりました。
想像を絶する光景でした。きれいに処理したと思いきや、しかし
またどこからか現れる羽なのでした。



両親が上海にやってきました。
とりあえず、まず五島から中国行きの飛行場までにかかった時間、1日。

というのは、今回、福岡発でしたので、
島から出る→長崎入り→福岡に渡り1泊→翌日飛行機で上海へ
長い道のりです。島のハンデだね。




蘇州に行ったり、雑技団見に行ったり、





                
「しまった、日焼け止め塗るの忘れた」
と言って鼻の頭を手で覆い隠し出した父。
最終的に、上着を頭からかぶり出す。(↑写真中央)
その黒さになってまだ抵抗するつもりなのか。


というか、不審者にしか見えない。


そんな日焼けを気にする父もたまにはいいことを言ったりします。
私がとてもきれいに、花びらを四方に広げて咲いている花を見て
まるで作り物のようだと称賛すると、

「植物というのは人間には到底成しえないものを創造するからな」

父よ、こういうときあなたの子どもであることを誇りに思います。
そうだ、植物はすごいんだ。
こいつらがいないと人間は生きていけないもんな。
“大地讃頌”が頭の中を流れました。
とか少し感動していると、すかさず母が一言

「お父さん、熱でもあるの。」

お母ーさーん!珍しく父がいいこと言えたんだから認めてあげて。
ただでさえ、日焼け止め塗るの忘れてヘコんでいるから。

翌日2日目も日焼け止めを塗り忘れた父でした。

蜘蛛は羽は食べないみたい

2008年04月21日 (月) 22:38 |
だんだんと暖かくなってきますね。
この暖かさに伴って、家の中の出現率も上がってきています。

蜘蛛やらだんご虫やら、アリやら、羽のついたアリやら。
とりあえず蜘蛛多いから。
パっと顔上げた瞬間、鏡に蜘蛛いてビクーッ!ってなるから。
雑誌でバチンと叩いたはいいけど、怖くて1週間くらいそのままの状態ですから。

最近、床を掃除するたびによく目にするものがあるんですが、
それっていうのは











ザ・虫の
だけ









不気味ー
毎回床を掃く度に、何かの虫の羽だけ落ちてる。

しかも8枚くらい。


掃いても掃いても、何日後にはまた羽だけ落ちてる。しかもやっぱり数枚。
部屋の中に羽が落ちてるポイントが2ヶ所あって、
どっちにも毎回6〜10枚くらいの羽が落ちてる。

1ヶ所のポイントの上には蜘蛛が巣をつくって生活してます。
友達曰く、ここでは蜘蛛が虫食べて、羽だけ食べずに落としてるのではないかと。

気持ち悪いから、羽まで一緒に食べちゃってほしいんだけど。

エコトイレ NASAの反応やいかに。

2008年04月18日 (金) 22:28 |
2回続けてトイレネタというのも考えものですね。
しかし私は書かねばならない、トイレについて。
ちょっとした使命感すら感じる今日この頃。
日本がいかに清潔なトイレ文化が普及しているか、つくづく思い知らさせるから。
みなさんに、こちらの現状を受け止めてほしい。ただそれだけ。
そして日本の高水準なトイレを享受してほしい。

洛陽に行ったときに発見したトイレです。


このトイレ、横に4つ並んでいるんですが、溝は全部つながってます。
1〜4、一本の溝です。
そして、水を流すレバーがどこを探してもない。
自分で流せない。
何とこの溝、1と4の高低さが違います。どっちかが高くて、一方が低くなってます。
何分かに1回、自動で水がちょろちょろと流れます。

1の方が高く、4が低ければ、
例えば4にタイミングよく入った人は、
1,2,3の人のが目下を通過。

健康状態がわかっちゃうね。

このトイレは節水に貢献していると思うね。

そういえば、先日の便座カバーの記事にコメントが寄せられました。
とても共感を得たものだったので、是非多くの人に知っていただきたい。
こちらです


「便座の話なんだけど、トイレのすごいところは、温便座だけじゃないぜ!!
それは・・・・・






うぉしゅれっと♪♪

これ考えたの日本人だから!!
日本のトイレ技術は世界レベルで最先端だからね。

それから考えれば、TOTOとか、トイレ界のNASAと言っても過言ではないね。」











トイレ界のNASAと言っても過言ではないね。








やべー超かっけー。しびれたぜ。
みなさん、NASA開発のトイレを使用しているんですよ。
大いに享受しようではありませんか。
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.