SADA
1年間の留学生活。このブログでは中国にいる間の生活を綴ってゆきたいと思います。

日本国

2008年01月28日 (月) 19:56 |
私只今日本国におります。
・・・ぬぐぐぐーーー
何じゃ日本は。何だー!何なんだ!
何で鼻水が透明なの?
何で行きかう人同士の肩がぶつからないの?
うわっ 空が青い。
おつりが手の平上に戻ってくるyo!
みんな信号を守ってるyo!
座席獲得競争がない!?
トーイーレーが、きーれーいー!
てか、な何かトイレなのにいい香りがするもん。
どういうことだ。
あれ、すっぴんで街を歩けないぞ。
パジャマで街に出られる雰囲気じゃないぞ。
“陰日向に咲く”映画化されてんじゃん!!!
小島よしおって早稲田卒なんだー!!
でもそんなの関係・・・関係・・・ある!!
早稲田かい!!
パンツ一丁でオッパッピーとか言ってていいの?
まぁ驚きはまだまだまだ…
日本を離れて、初めて日本のよさ、とういか特徴を発見しました。

帰国ラッシュ

2008年01月22日 (火) 19:46 |
寮の友が日本へ帰って行きます。
別に永遠の別れではないですが、ちょっと寂しいです。

この間、朝お母さんから電話が。
「ニーハオぉ〜〜、起きてたー?」
最近ちょいちょい中国語(誰でも知ってるレベル0.1の中国語)をくりだしてきます。
「じゃぁね、晩安。…だっけぇ?」(=おやすみ)
「マン、ゾウ?だっけ?ん?」
・・・
あぁー“慢走”ね。「気をつけて行ってらっしゃい」って言いたいのか。
聞くと、日常中国語会話集、らしき物を買ったらしいのです。
まぁ、私のお母さんのことですから、もう少ししたら
物置か本棚の奥底に入れられて、存在を忘れられることでしょう。

最近周りの友達、そして自分も引越しで忙しいことを話しました。
「“情けは人の為ならず”だからね、あんたも友達を手伝ってやるのよ。」
恥ずかしながら、昔、この成語の意味は
人のために尽くしてもその人のためにはならないから、決して手を貸すな。
と全く真逆の意味で捉えていました。
あー恥ずかし

確かにそうだなぁとつくづく思います。
うちはたくさんの人に助けられてここで生活してるんだなと実感します。
助けられてる分、うちも誰かの助けになれれたらいい。

母は言いました。
「人のために精一杯尽くしなさい。
誰かのために尽くせるということは、
自分が幸せであることの証でもあるのよ。
幸せに生活できてる証拠だよ。」

ぁー、何か、お母さんの子に生まれてよかったなーって思った瞬間でした。

どの辺が?

2008年01月19日 (土) 23:11 |
テストが終わって、大好きな麻辛タンを食べに行ったときのこと。
半年経って初めて言われました。



「君、どこの人?



      インドネシア人?



ええ、お気持ちは分かりますよ。
そうです、自他共に認める自黒ですよ。(お父さんなんかもっと黒いもんね)
確かに、今は冬真っ只中です、ちょっと白くなってきてもいい時期です。
そんなときにこんな子が現れたんだもんね。
いやでもね、色だけでなく、顔立ちとかもあるでしょう。
今まで90%の確率で韓国人に間違えられてきたけど、
印尼人は初めてだよおい。
慌てて何で何で?って聞き返したけど、
「え、何でって、そんなの そんな感じがしただけだよ」
・・・
直感かい!
迷いがない分、一発見た目でそう思ったんでしょ、よっぽどだな。
まぁ、こっちに来た最初のときは日本人に東南アジア系のハーフに間違えられたけど。
私のどの辺がそう思わせるんでしょうか。
ま、まぁおおよその原因は・・・
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.