SADA
1年間の留学生活。このブログでは中国にいる間の生活を綴ってゆきたいと思います。
  • 2017/03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/05

西塘?

2007年12月10日 (月) 19:39 |
西塘の旅、パート?です。
これは川沿いとは別の道です。
ここは人の少ないところだから、この写真だと寂しさ満点ですね。
でも実際は、お土産屋やご飯処が軒を連ねていて賑わってるんです。
本当に。



西塘はとても優しい人が多くて、感動しました。
上海とはえらい違いです。
店の前で人待ちをしていると、
「外は寒いから、中で待ったらいいじゃない。私が外でその人を待っとくから。」
といって、私たちを店の中へ入れてくれました。
外はあんなに寒いのに。何ていい人だ。
まぁ今考えると、お客を逃さないための策だったのかもしれませんね。
だって5分くらいして、
「こないよ、本当にここ知ってるの?」
って言ってあっさり帰ってきました。
でも、注文のときここの名物やおいしいものを教えてくれて、やっぱりいい人です。
他にも、うちととっしーがはぐれたとき、とっしーよりも慌ててうちのことを探してくれた店員さんとか。
宿住の人も親切だったなー
風景もだけど、人の温かさにも感動しました。



西塘の夜の風景。
寒かったけどこれまたきれいでした。
川に蝋燭を浮かべたり、花火をしたり。
とっしーが灯篭流しを思い出すと言っていました。さすが長崎人。
そして
「やばい、さとうきび畑の“ざわわ ざわわ〜”が頭の中に流れ出すー」って。
そこまで思い出しちゃった?
やめて、悲しいですから。

水郷の街だけあってここは蚊が多い!だって今12月だよ。
信じられないくらい蚊がプンプン飛んでますけど。
みんな蚊取り線香たいてますけど。
宿の部屋にも、軽く5匹くらいプーンでしたけど。
そして、蚊よりも何よりも、ハエ。さらに小バエ。
飛びすぎだから。
テラス席で昼食を食べてたんですけど、まぁハエの多いこと。
どんだけ手ではらったことか。箸動かすのと同じくらい忙しいから。
終いにはスープの中にボチャーン飛び込んできたよ。ナーイスダイビング
その後もスープの水面に小バエが入る入る。
あれ、スープ胡麻入ってたっけ?って思ったら小バエ。
小バエたちよ、君らはまだ調味料として認められてはいないのだよ。

中国は来年のオリンピックに向けて、どんどん改造計画を進めていますね。
交通機関だったり、ゴミ箱設置したり、街をきれいにしたり。
そしてトイレ。
みなさん中国のトイレにどんなイメージを持っていますか。
基本、紙はありません。公共トイレはお金を払って使います。
まぁあんまりきれいじゃないところも。
なので外出時にトイレをするのはちょっと億劫だったりします。

そして西塘のとあるトイレ。


















壁低いから


何ですかこれ。
何だこの中途半端な隣への配慮。
隣と相談して立ち上がらなきゃじゃん。
嫌だよ、「もう終わりましたか?立ちますよ。」とか、言いたくないよ。
初対面だしね、一応。
あるいは、どっちが先に立ち上がるか競争になっちゃうじゃん。
焦りたくないね。トイレくらい、落ち着いてさせてよ。
んで、うちが立ってる方はまだいいとして、もう一つの方、
トイレの入り口開けたら丸見えじゃん。

何なんだろう、どう解釈していいものか。

実はここ、小さな博物館のトイレなんだけどね。

そんなこんなで西塘の旅はいろんな発見があって楽しかったです。
しめくくりがトイレのことになってしまって少し悔いが残りますが。
旅がくせになりそうです。

西塘

2007年12月09日 (日) 23:40 |
行ってきました。西塘。
金曜日の夜8時ごろに、突然の思いつきで翌日の朝から旅しようって決めたもんで、ちょっとうまく行けるか不安だったんですけど行けました。
とりあえず行って、宿はそこで何とかせればいいやって考えで。
たまたま洗濯上がりのとっしーが部屋を訪ねてきたとき、このことを言ったら、
「あ、行く。」と即答だったので共に行きました。

バスターミナルの場所を道行く人に聞きまくって、ようやく到着。


水郷の街 西塘。






感動です。
上海とは別世界。時代が違うかのような錯覚を覚えました。
Mission Impossible ? (M:I:?) の撮影が行われたとこです。
トム・クルーズがここをたたたたーって走ってるシーンわかります?

舟に乗ってゆっくりと町並み鑑賞。
舟漕いでるおじちゃんの声がでかすぎて情緒もなにもなかったけど。
たくさんの驚きの発見。
ここに住んでいる人は洗濯機を持っていないのか。
みんな川沿いで洗濯物を手洗いしてる。しかも石で?
ジーパン、靴下、シャツ、を石(?)でゴシゴシやってました。
ある人はこれまた川沿いでニワトリの毛をむしりとってました。
今日の夕飯かな。
この川の水で雑巾、モップを洗う人たちが少なくありません。
川の水でジャッブジャブすすいだあと、
石にバシンバシン叩きつけて水を切ってました。
・・・
てかここの水で洗濯していいのか?
見たら川の水、ミルク入りコーヒーみたいな色してるし。
道を歩くと、瓦、道など街の至るところにチンゲン菜が干してありました。
しかも直に
普通にみんなが歩いてる道の上にぽぽぽぽーんって大量のチンゲン菜が。
あちらの瓦の上にもきれいに1列に並んだチンゲン菜が。
スリとか物乞いは多いんだけど、こういうのは誰も盗らないんだね。
いいよいいよーこののどかさ。



宿です。2人で180元。(2700円くらい)
もっと安いのは2人で100元(1500円)とかであったみたいです。
ちょっとちょっと、お姫様ベッドみたいじゃないですか。
ヴェールで囲まれてるよ。   (しかしこれは蚊よけでした。)
わーいと思って、よいしょーって寝そべってみたら


硬ッ

わーお、敷布団ペラッペラだぁー

西塘の旅、次回に続きます。

Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.